Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省とIPA、サイバー攻撃対策の促進に向けた研究会を開催

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は、「サイバーセキュリティリスクと企業経営に関する研究会」を共同で開催する。

サイバーセキュリティ基本法の施行を受け、同研究会では、増加傾向にある企業を標的としたサイバー攻撃に関するセキュリティ対策の促進を目的に、国内外における状況整理や政策のあり方などの検討を行う。

具体的には、国内外におけるセキュリティリスクの状況や、海外のセキュリティ政策と重要インフラ対策の動向、国内におけるセキュリティ経営やセキュリティマネジメント評価、リスク情報の共有、セキュリティリスクの市場化の方策といった論点について検討する。

第1回は1月29日に開催。6月をめどに検討結果を取りまとめる。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
富士フイルムでランサム被害か - 顧客サポートや配送などに影響
着物クリーニングサイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「サイバーセキュリティ体制構築・人材確保の手引き」を改訂 - 経産省
機器出荷前のセキュ検証を効果的に行うための手引き - 経産省
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に