Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベネッセHDとラック、情報システムの運用を担う合弁会社を設立

ベネッセホールディングスとラックは、ベネッセグループの基幹情報システムの保守運用を担う合弁会社「ベネッセインフォシェル」を1月15日付けで設立した。

ベネッセは、2014年7月に発生した委託先元従業員による顧客情報の不正持ち出し事件を受け、ラックに監査を依頼し、データベースの安全確保に向けた対策を展開。同年9月には、子会社や関連会社を含むシステム運用や保守、データ運用を行う合弁会社の設立で同社と合意していた。

新合弁会社では、顧客情報を含む業務上の機密データを適切に活用できる情報システムの保守、運用を実現する。出資比率はベネッセホールディングスが70%、ラックが30%。4月1日よりサービスを開始する予定。

(Security NEXT - 2015/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本