Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TwoFive、DoS攻撃や汚染防ぐDNS保護ソリューション

TwoFiveは、DNSの保護に特化した米Cloudmark製セキュリティ対策ソリューション「Cloudmark Security Platform for DNS」を提供開始した。

同製品は、DNSと連携して動作し、異常なトラフィックからDNSを保護するソフトウェア。DoSやDDoS攻撃、不正なプロトコルなど、動的に攻撃の種類を検知して自動的にトラフィックを制御、DNSリフレクション攻撃やキャッシュポイズニング、サービス拒否を防止する。

また世界165カ国に設置したネットワークで攻撃トラフィックをリアルタイムに観測した情報を元に攻撃を防御することが可能。攻撃を受けた場合に管理者へ通知できる。

サブスクリプションライセンスとして提供し、クエリー回数の年間平均により料金は異なる。1カ月あたり1万QPSのシステムの場合、約3240万円。

(Security NEXT - 2015/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例セキュリティ更新を公開 - 「クリティカル」は1件のみ
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS
「PowerDNS Recursor」の特定バージョンにDoS脆弱性
2月のDDoS攻撃件数、前月の約1.2倍に - 71Gbps超の攻撃も
「BIND 9」に複数脆弱性 - 影響範囲広く緊急対応を
MS、2月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性2件に対応
2023年12月のDDoS攻撃、前月比3割減 - 規模も縮小
DDoS攻撃が大幅減 - 一方で約147Gbps超の攻撃も
【特別企画】導入進む「DMARC」、一方で不安も - トラブル回避のコツは?