Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」のメインストリームサポートがまもなく終了

「Windows 7」のメインストリームサポートがまもなく終了する。延長サポート期間を経て、東京オリンピックが開催される2020年には完全にサポートを終了する予定だ。

「Windows」では、サポートライフサイクルとして「メインストリームサポート」と「延長サポート」を設定しており、日本時間1月14日に終了を迎えるのは、無償サポート、仕様変更、新機能のリクエスト受け入れなどを行う「メインストリームサポート」。

2014年に「Windows XP」のサポートが終了したのは記憶にあたらしいが、受け皿として多く採用された「Windows 7」についても同日以降は、5年間の「延長サポート」へと移行する。

脆弱性を修正する「セキュリティ更新プログラム」は引き続き提供されるため、すぐに移行が必要となるわけではないが、2020年1月14日には「延長サポート」も終了し、完全にサポートが打ち切られる。

「Windows Vista」もすでに「延長サポート」に突入しており、終了を2017年4月11日とまじかに控えている状況だ。同社は、PC環境の移行には準備期間が必要であるとして、サポート終了に備え、新しい環境への移行準備を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「Firefox 87」が登場、プライバシー保護を強化 - 脆弱性8件を修正
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
「UNIVERGE」シリーズの「IP-PBX」製品に脆弱性
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意