Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校生徒の個人情報をメールで誤送信 - 埼玉県

埼玉県の県立高校において、教諭がメールアドレスの入力を誤り、生徒の個人情報を関係ない第三者へ送信する事故が発生した。

12月18日、教諭が業務を自分の教科準備室で行うため、生徒の個人情報や成績など含むファイルを職員室のパソコンからフリーメールを利用して送信したが、その際にメールアドレスの入力を誤り、第三者に送信されたという。

メールが未着となったことから誤送信に気が付いたもので、問題の添付ファイルには、2年生365人の氏名と性別、および2年生160人の世界史の成績情報が含まれていた。

同校では、生徒を対象とした集会や保護者を対象とした説明会を開いて、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートメールを誤送信、氏名やメアド流出 - 鉾田市
最高裁でメール誤送信、修習資金被貸与者の個人情報が流出
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 都立中央・城北職業能力開発センター
メール誤送信で講習会参加予定者のメアド流出 - 江戸川区
メルマガで誤送信、企業担当者のメアド流出 - 福岡市
非当選者に誤ってプレゼント当選メール、別人の氏名も - ECC
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市