Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療費助成の申請書が役所内の発送、収受の過程で紛失 - 大阪市

大阪市は、医療費助成の一部申請書が、市役所内での発送、収受作業の過程で所在不明となったことを公表した。

同市によれば、10月20日から23日に西淀川区保健福祉センターに申請のあった「特定医療費支給認定申請書」9件を、23日に大阪市保健所管理課あてに送付したが、その後所在不明となっているもの。

保健所が、11月28日に未申請者へ申請を勧める文書を送付したところ、申請済みにもかかわらず文書が届いたとの連絡があり、紛失が判明した。

紛失した申請書には、受診者の氏名や住所、電話番号、生年月日、保険証の番号、病名や病状のほか、受診者の家族の氏名、申請者の氏名、住所、電話番号、受診者との関係などが記載されていた。

同市では、対象となる申請者に謝罪。申請者と受診者に不利益が生じないよう対応する。

(Security NEXT - 2014/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
水道利用者の個人情報含む図面が所在不明 - 岡山市水道局
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
医師がワクチン接種予診票を地下鉄内で紛失 - 商業施設トイレで見つかる
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高