Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共同通信社の業務用PC2台がマルウェア感染 - 顧客情報流出の可能性

共同通信社の業務用パソコンがマルウェアへ感染し、顧客情報が漏洩した可能性があることがわかった。

同社によれば、社内で利用するパソコンにマルウェアが感染したもので、12月11日に気が付いたという。その後の調査で、感染した2台のうち、1台から社名や所在地、担当者、電話番号、メールアドレスといった情報を含む顧客名簿が流出した可能性があることが判明した。

今回の問題に関連した被害の報告などは受けていない。同社では、マルウェアに感染した原因や影響について調査を進めている。

(Security NEXT - 2014/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で