Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

共同通信社の業務用PC2台がマルウェア感染 - 顧客情報流出の可能性

共同通信社の業務用パソコンがマルウェアへ感染し、顧客情報が漏洩した可能性があることがわかった。

同社によれば、社内で利用するパソコンにマルウェアが感染したもので、12月11日に気が付いたという。その後の調査で、感染した2台のうち、1台から社名や所在地、担当者、電話番号、メールアドレスといった情報を含む顧客名簿が流出した可能性があることが判明した。

今回の問題に関連した被害の報告などは受けていない。同社では、マルウェアに感染した原因や影響について調査を進めている。

(Security NEXT - 2014/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る