Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、アクセス制御技術の開発情報を募集

総務省、経済産業省、警察庁の3省庁は、「不正アクセス禁止法」の規定に基づき、アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報の募集を開始した。

不正アクセス禁止法では、不正アクセス行為の発生状況とともに、アクセス制御機能に関する研究開発状況の公表を規定しており、毎年情報を募集している。

募集対象となっているアクセス制御技術は、「侵入検知、防御技術」「脆弱性対策技術」「高度認証技術」「インシデント分析技術」「不正プログラム対策技術」「そのほかアクセス制御機能に関する技術」の6分野。

すでに実用化されているものか、実用可能なものに限定される。開発途中の技術や物理的なセキュリティ技術、3省庁の予算で開発された技術は含まれない。

郵送や電子メールで受付、応募期限は1月30日17時必着。3省庁では応募された情報について取りまとめ、2011年3月をめどに公表する予定。

(Security NEXT - 2014/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
「SQL Server」の認証試行が10月より急増
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
「Jira Server」の脆弱性を探索するアクセスを観測 - 警察庁
約300台のワーム感染や偽決済画面設置の原因は? - 実例を解説
IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上