Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

請求書を偽装したスパムが急増 - 国内銀行の認証情報が狙いか

請求書を偽ってマルウェアへ感染させる攻撃が、12月8日から国内で急増している。マルウェアを添付したメールを送り付けるもので、オンラインバンキング利用者を狙った攻撃と見られている。

攻撃を確認したトレンドマイクロによれば、注文を確認する内容に見せかけており、RTF形式である添付ファイルは「請求書」を偽装。メールで送り付ける手口だった。12月8日と9日のわずか2日間に国内で800台以上から検出されたという。

添付ファイルを開いただけでは不正プログラムは実行されず、文書内のアイコンをダブルクリックすると実行されるしくみ。

同社が注目したのは、ダウンロードされるファイルに含まれていたプロキシの設定ファイルである「proxy.pac」。同ファイルには、国内銀行15行のドメイン情報が記載されていた。

不正サイトを経由させるオンラインバンキングの利用者を狙ったあらたな中間者攻撃であると分析。さらなる詳細な調査を進めているという。

(Security NEXT - 2014/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゲーム利用者の約4割が複数ゲームアカウントでパスワードを使いまわし
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大