Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校児童の個人情報が車上荒らしで盗難 - 豊田市

愛知県豊田市は、小学校の教諭が車上荒らしに遭い、児童の個人情報含むUSBメモリや書類が盗まれたことを明らかにした。

12月9日17時50分ごろ、教諭が豊田市立こども園の駐車場で車上荒らしに遭い、窓ガラスが割られて助手席の足元に置いていた鞄が持ち去られたもの。預けていた子供を迎えに行った約10分間に被害が発生したという。

持ち去られた鞄には、担任学級の全児童の成績データを保存したUSBメモリ2本のほか、担任学級のテスト答案、マラソン記録用紙、漢字ノートや計算ノートなどが入っていた。同校では、保護者会を開催し、事情を説明するなど対応を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含む私物のUSBメモリを紛失 - 広島大付属小
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大