Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スタンプラリーの応募用紙を箱ごと紛失、誤廃棄か - 岡山県

岡山県が観光振興の目的で実施している「おでかけB!chuスタンプラリー」において、応募用紙を入れた箱が、設置している農園で所在不明になっている。

同県によれば、所在がわからなくなっているのは、イベントの協力施設である農マル園芸の吉備路農園に設置した応募箱。スタンプラリーは8月1日より開始し、10月3日に委託業者がいったん応募用紙を回収。その後11月11日に県の職員が同農園を訪問した際、応募箱が見当たらないことに気付き、紛失が判明した。

応募箱には、氏名や住所、電話番号、年齢、性別などが記入された応募用紙が入っていた。同農園では、11月4日に大規模な模様替えを行っており、その際に廃棄物とともに誤って処分された可能性が高いという。廃棄物は、7日に処理施設で焼却処分されている。

同県ではこの紛失を受け、ほかの施設に設置した応募箱をすべて回収し、応募箱での応募受付を中止。今後は郵送のみで受け付ける。同農園で応募した人は、県の事務局に連絡することで抽選へ参加を受け付けるなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で施錠管理の児童保健調査票が所在不明 - 文京区
府立高で転退学生の既往症など個人情報含む資料を紛失 - 大阪府
職員の健診結果通知票が所在不明 - 茨木市
小学校教諭が児童の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 鳥栖市
検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
顧客情報含む伝票綴り1冊が所在不明 - 三十三銀
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
顧客情報18万件を紛失、自主監査で判明 - 東邦ガス
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市