Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECとトレンド、SDNを活用したサイバー攻撃対策ソリューション

NECとトレンドマイクロは、SDN対応製品とセキュリティ製品の連携により、サイバー攻撃を自動的に防御するソリューションを共同で開発した。

同製品は、NECのSDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」と、トレンドマイクロのセキュリティ製品「Deep Discovery Inspector」「Trend Micro Deep Security」を連携させたソリューション。

具体的には、トレンドマイクロの両製品によりネットワーク上の振る舞いを監視。不正プログラムの感染やウェブサイトの改ざん、不正通信などを検知した場合、NECのSDNコントローラ「UNVIVERGE PF6800」がSDNネットワークを動的に制御し、感染した端末やサーバの遮断、隔離、検疫、監視などを実行する。

2015年3月よりNECが官公庁や地方公共団体、企業向けに展開する予定で、価格は850万円から。

(Security NEXT - 2014/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
FFRI、消費者や小規模事業者向けセキュ対策ソフトに新版
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
自動化ツールによる短期間のペネトレーションテストサービスを提供 - ラック
名古屋大と車載イーサネット分野の共同研究を開始 - セキュアイノベーション
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト