Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NAS設定ミスで個人情報がインターネットから閲覧可能に - 秋田大

秋田大学は、ネットワークに接続していたハードディスク内部の個人情報が、インターネット経由で閲覧できる状態だったことを明らかにした。

同大医学部保健学科の教員が利用していたネットワーク接続型のハードディスクが外部から閲覧可能となっていたもの。内部には学生の個人情報が保存されていた。

機器にはパスワードを設定しておらず、ハードディスク内のファイルに外部からアクセス可能な状態だった。同大では問題判明後、ハードディスクをネットワークから切り離したという。

今回の問題について、同大は外部からアクセスできる機器に個人情報を保存するなど、管理上の問題があったとして謝罪。関係者に対しては相談窓口を設置し、対応を行っている。

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドの誤設定で顧客情報がアクセス可能に - 衣料品メーカー
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学年全体のテスト結果を生徒がアプリ上から閲覧可能に - 大阪市
公開表計算ファイルから個人情報が閲覧可能に - 立命館APU
保健指導関連の個人情報がノーウェアランサム被害 - 千葉市
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
農業委員会の調査フォームに不備、個人情報が流出 - 大阪府
最大888社のPマーク審査関連資料が流出した可能性 - 複数ランサムの痕跡も