Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス

日立システムズは、重要インフラや工場の制御システムのネットワーク向けに、セキュリティ対策サービス「SHIELD 制御システム向けセキュリティ」を提供開始する。

20141105_hs_001.jpg
サービス概要(図:日立システムズ)

同サービスは、利用期間が長く、セキュリティアップデートを適用しにくい制御システム向けのセキュリティソリューション。社会インフラを管理する事業者や自治体、製造業向けに展開する。

システムには影響を及ぼさない「おとり」となるサーバを設置し、標的型攻撃を検知する「デコイサーバー導入サービス」を用意。

そのほか、同社セキュリティオペレーションセンターによるリモート監視や、情報提供サービス、CSIRTの運用支援、システムの脆弱性診断サービスなど、制御システム向けのセキュリティサービスを提供する。

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
三菱電機製品の「TCPプロトコルスタック」に脆弱性 - 制御システムなどに影響
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に