Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス

日立システムズは、重要インフラや工場の制御システムのネットワーク向けに、セキュリティ対策サービス「SHIELD 制御システム向けセキュリティ」を提供開始する。

20141105_hs_001.jpg
サービス概要(図:日立システムズ)

同サービスは、利用期間が長く、セキュリティアップデートを適用しにくい制御システム向けのセキュリティソリューション。社会インフラを管理する事業者や自治体、製造業向けに展開する。

システムには影響を及ぼさない「おとり」となるサーバを設置し、標的型攻撃を検知する「デコイサーバー導入サービス」を用意。

そのほか、同社セキュリティオペレーションセンターによるリモート監視や、情報提供サービス、CSIRTの運用支援、システムの脆弱性診断サービスなど、制御システム向けのセキュリティサービスを提供する。

(Security NEXT - 2014/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
2月に「制御システムセキュリティカンファレンス 2022」が開催
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に