Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エンカレッジ、内部不正行為による情報漏洩を防ぐソリューション

エンカレッジ・テクノロジは、システム管理者の不正行為による情報漏洩のリスクを低減するソリューションを、11月より提供開始する。

同製品は、特権IDの濫用を防止する製品「ESS AdminControl」と、仮想デスクトップ技術によりシステムの操作を記録する「ESS REC」の組み合わせたソリューション。システムへのアクセスを許可された管理者や作業者の不正行為による情報漏洩のリスクを低減する。

顧客のシステム環境や業務内容にあわせて、チェックすべき操作や点検ルールを設定することが可能。またリスクの高い操作に対するアラートや、定期的なモニタリングレポートの設計、モニタリング体制のアドバイスなども提供する。

初期費用は1000万円から。対象システムの規模や要件によって変動する。

(Security NEXT - 2014/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むファイルを検出し、傾向と対策を示すサービス
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
リスク評価と必要なSIEMルール設計をパッケージで
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析