Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不審アクセスを検知する「RSA Web Threat Detection」に新版 - 不正ログインにも対応

EMCジャパンは、ウェブサイトの不審行動を検知するセキュリティソリューション「RSA Web Threat Detection 5.0」を提供開始した。

同製品は、サイト訪問者の閲覧軌跡を解析し、悪意あるユーザーなどを検知するセキュリティソリューション。行動遷移データから正常なユーザーの行動を解析。行動を逸脱する不審ユーザーを検知する。パスワードリスト攻撃による不正ログインにも対応することが可能。

機械的なアクセスによる異常なページ遷移スピードや、マンインザブラウザによる離れた地域の複数IPアドレスからの同時アクセスなども検知。アラートを発行するほか、ファイアウォールと連携し、異常なアクセスを遮断できる。

最新版では、ユーザーやIPアドレスにアラート情報を付加して時系列に表示する「プロファイルタイムライン」の表示に対応。またモバイルアプリのトラフィックを解析する「スマートモバイル対応」や、ウェブトラフィックデータをエクスポートする「データストリーム」を追加した。

(Security NEXT - 2014/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT