Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Heartbleed」や「ShellShock」などOSSの脆弱性対策を支援するサービス

サイオステクノロジーは、オープンソースソフトウェアの脆弱性対策を支援する新サービスを提供開始した。

今回開始した「サイオスOSSよろず相談室 セキュリティ診断サービス」は、オープンソースソフトウェアに存在する脆弱性の調査や解析を行い、対策などを提示するもの。

2014年4月に発覚した「OpenSSL」の脆弱性「Heartbleed」や、9月に見つかった「bash」の深刻な脆弱性「Shellshock」などにも対応する。

脆弱性診断サービスや環境調査、診断レポートの作成および説明会を提供。さらにオプションメニューとして、オンサイトサービスやパッチ作成サービスなども用意した。価格は、1システム32万4000円から。

(Security NEXT - 2014/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消
「Microsoft Edge」にアップデート - 脆弱性21件を解消
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Interop Tokyoの「Best of Show Award 2024」が発表