Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統合管理ツール「HP SMH」に複数の脆弱性

HPのシステム管理ツール「システムマネジメントホームページ(SMH)」に、「クロスサイトスクリプティング」をはじめ、複数の脆弱性が含まれていることが判明した。

同製品に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2014-2640」をはじめ、複数の脆弱性が判明したもの。

情報漏洩の脆弱性「CVE-2013-6420」、サービス拒否の脆弱性「CVE-2013-6712」、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2014-2641」など、あわせて7件の脆弱性が含まれる。

同社では、脆弱性を修正した「同7.4」、「Windows Server 2003」の利用者向けには「同7.2.4」を用意。提供を開始している。

(Security NEXT - 2014/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性
「InDesign」「Adobe Framemaker」に複数の深刻な脆弱性 - 更新版リリース
Google、「Chrome 85」をリリース - 5件の脆弱性に対処
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
Android向けショッピングアプリ「ヨドバシ」に脆弱性
プロキシサーバ「Squid」に深刻な脆弱性 - DoS攻撃やキャッシュ汚染のおそれ
「GitHub Enterprise」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
IMや通話機能を備える「Cisco Jabber for Windows」に深刻な脆弱性