Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版「Bump」に脆弱性、開発終了で修正予定なし

連絡先の情報を簡単に交換できるスマートフォン向けアプリ「Bump」のAndroid版に、情報漏洩の脆弱性が存在することがわかった。修正版の提供予定はなく、セキュリティ機関では利用の中止を呼びかけている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同アプリには情報漏洩の脆弱性「CVE-2014-5320」が存在。取得した連絡先情報が、不正なAndroidアプリを介して第三者に漏洩する可能性があるという。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告、JPCERTコーディネーションセンターが開発者との調整を行った。

同アプリは開発が終了しており、脆弱性を解消したバージョンが公開されることはないため、アプリの使用停止を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新