Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外来患者のカルテなど紛失 - 聖稜リハビリテーション病院

聖稜リハビリテーション病院は、外来患者の一部カルテや診断書などを紛失したと発表した。

同院によれば、8月に外来患者のカルテ4件の紛失が判明。そのため調査を行ったところ、カルテ46件と診断書などの記録129件が所在不明となっていることが判明したという。

1月9日に保管期間を経過したカルテを廃棄しており、その際に誤って混入し、あわせて溶解処理されたものと結論付けている。

同院では、所管官庁や保健所を通じて県に報告。対象となる患者に対しては、謝罪の文書を送付した。今後の診療についても、支障が出ないよう対処するとしている。

(Security NEXT - 2014/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が患者カルテをインスタ投稿、個人情報が残存 - 仙台市立病院
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収 - 伊勢崎市民病院
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 茨城東病院