Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 大分大付属病院

大分大学医学部付属病院において、患者の個人情報1万3286件が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

病名などをはじめ、患者情報を保存していたUSBメモリが、院内で所在不明となっているもの。8月21日に職員が紛失していることに気付いたという。

紛失したUSBメモリには、2003年以降に受診した1万3157人の氏名、住所、電話番号、検査項目、病名などのほか、臨床試験に協力した患者129人の氏名や検査結果なども保存されていたと見られている。

今回の問題を受け、同大では、原因究明を進め、再発防止策などを講じるとしている。

(Security NEXT - 2014/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県