Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新エンジンを追加した「FFR yarai 2.5」が登場

FFRIは、セキュリティ対策ソフト「FFR yarai」の新版「同Version2.5」を提供開始した。

同製品は、未知の脆弱性に対する攻撃やマルウェアに対応するセキュリティ対策ソフト。定義ファイルに依存しないマルウェア検知エンジンを搭載している。

最新版では、従来より搭載している4種類のヒューリスティックエンジンにくわえ、同社が収集したデータを解析した「機械学習エンジン」をあらたに搭載した。

さらにスタティック分析エンジンの検知精度やJava設計脆弱性対策機能を改善したほか、「Windows Server 2012 R2」をあらたにサポートしている。

また脆弱性対策に特化した「FFR yarai 脆弱性攻撃防御機能」や、管理コンソール「FFR Enterprise Management Console」についてもバージョンアップを行った。

(Security NEXT - 2014/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを