Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員免許更新講習システムに不具合、受講者情報が閲覧可能に - 放送大学

放送大学学園の教員免許更新講習システムにおいて、受講者の個人情報がほかの受講者から一時閲覧できる状態だったことがわかった。

教員免許更新講習システムの設定にミスがあり、本来アクセスできない個人情報が閲覧可能となったもの。閲覧可能となったのは、同システムに登録されている受講者の氏名とメールアドレス。

閲覧可能だった7月14日から8月6日までで78件の情報閲覧が確認されたという。8月6日に受講者からの指摘を受け、問題が判明した。同大では、システムの設定変更を実施。設定の変更後、問題は解消されたという。

(Security NEXT - 2014/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島廃炉マッチングサポートの登録企業宛メールで誤送信
委託先でメール誤送信、メルマガ登録者のメアド流出 - 香川県
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 新発田市観光協会
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省
障害児通所支援事業所宛のメール、メアド406件をCC記載 - 大阪府
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
メール誤送信で採用試験受験申込者のメアド流出 - 鹿児島市消防局
都労働委員会公表の命令書に個人情報 - 匿名化せず公開
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府