Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、月例セキュリティ更新プログラム6件を公開 - 深刻度「緊急」2件

日本マイクロソフトは、深刻度「緊急」2件を含む月例セキュリティ更新プログラム6件を公開した。あわせて29件の脆弱性を解消している。

今回公開されたセキュリティ更新プログラムのなかで、深刻度が4段階中もっとも高い「緊急」とされるのは、「MS14-037」および「MS14-038」の2件。いずれも脆弱性の悪用は確認されていない。

「MS14-037」は、「Internet Explorer」における累積的な脆弱性23件を修正するアップデート。非公開で報告されたメモリ破壊の脆弱性22件と、セキュリティ機能がバイパスされる脆弱性1件を解消した。

メモリ破壊の脆弱性は、細工されたウェブページを閲覧して脆弱性が悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

またセキュリティ機能がバイパスされる「CVE-2014-2783」は、すでに公開されているEV SSL証明書の処理に関する脆弱性。

本来、EV SSLではガイドラインによりワイルドカードのEV SSL証明書が発行されることはないが、何らかの手段で攻撃者がワイルドカードの証明書を入手した場合に、悪用されるおそれがあることから修正を行った。

他方「MS14-038」では、「Windows Journal」に関する非公開の脆弱性1件を修正した。細工されたジャーナルファイルを開き、脆弱性を攻撃されるとコードを実行されるおそれがある。

(Security NEXT - 2014/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」にRCE脆弱性、すでに悪用済み - 探索行為も
Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正