Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業立入調査の関連資料を職員が帰宅途中に紛失 - 千葉県

千葉県の職員が、企業の立ち入り調査のため持ち出していた資料を、帰宅の途上で紛失していたことがわかった。持ち出しの許可は得ていたという。

同職員は6月24日、翌日の医療機器製造所の立ち入り調査に使用する資料を、上司の許可を得た上で持ち帰ったが、翌25日に資料を入れた鞄が見当たらないことに気付いたという。

紛失したのは調査対象となる製造所から提出されたもので、製造所職員の氏名が記載された組織図のほか、作業手順の一覧、施設平面図、製品標準書、製造工程フロー図、品質マニュアルなどが記載されていた。

同職員は、資料は見つからなかったため、警察などへ紛失を届ける一方、調査は実施したという。紛失に関しては翌26日に上長へ報告した。同県では、対象となる製造所に経緯説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
区立保育園で園児の写真含むメディアを紛失 - 港区
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
コンペ資料を無許可で外部に送信、宛先も誤入力 - 福岡県
児童クラブ職員が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 草加市
市民講座受講生の個人情報含む資料を紛失、車窓から飛散か - 津市
酒に酔って個人情報を紛失した職員を処分 - 東京都
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店