Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、モバイル管理ソリューション「IBM MaaS360」を提供

日本IBMは、モバイル端末やアプリ、文書などを統合的に管理する企業向けモバイル管理ソリューション「IBM MaaS360」を提供開始した。

同ソリューションは、端末やアプリケーション、コンテンツなどのモバイル管理機能を提供するもので、SaaSとオンプレミス版が用意されている。MDMを基本機能として提供。アプリケーションの追加や削除、アップデートを行うアプリケーション管理機能、文書の配布期限が設定できる文書管理機能などを用意している。

そのほか、フィルタリングなどセキュリティ機能を備えたウェブブラウザや、メール、カレンダー、連絡先情報を端末上で安全に利用できる機能などあわせて12の機能を搭載しており、企業が環境に応じて必要な機能を選択して利用できる。

価格は、SaaS版が1ユーザー・1端末あたり月額108円から。オンプレミス版が1端末あたり年額1080円。

(Security NEXT - 2014/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL