Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が路上で作業中に個人情報含むファイルを紛失 - 台東区

台東区は、建築課の職員が路上で作業中に、個人情報が記載された書類を含むファイル5冊を紛失したと発表した。

6月19日14時ごろ、同区内の道路上で職員が作業中に紛失したもの。同日19時に警察へ届けた。

紛失したファイル5冊には拡幅整備事前協議書が綴じられており、同書類には事前協議した建築主および土地所有者2人の氏名、住所、電話番号、口座番号、印影と、道路に面する建築物の建築主4人の氏名、住所、電話番号、印影が記載されていた。

同区では対象となる関係者に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2014/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む廃棄文書が散乱、裁断しなかった教諭を処分 - 大阪府教委
個人情報を一般ゴミで廃棄、路上散乱 - 大阪府立高校
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
NTTコムなど通信サービスの申込書が運搬中に高速道路へ散乱
患者情報が路上に飛散、廃棄処理委託先で - 鹿大病院
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター
溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム