Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレーニング付きの学生向けCTFコンテストが開催

学生を対象にCTF形式のセキュリティ技術コンテスト「SANS NetWars Tournament 2014」が8月に開催される。

SANS NetWars Tournament 2014
SANS NetWars Tournament 2014

同イベントは、セキュリティ教育に重点をおいたセキュリティ技術の競技会。米SANS Institute協力のもと、NRIセキュアテクノロジーズが開催する。

イベントは、2日間の日程で、初日は米SANSによるセキュリティトレーニングを無償で提供。2日目はCTFコンテストで腕を競う。日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が開催する「SECCON 2014」と協力しており、優勝者には全国大会へ出場できるシード権が与えられる。

開催日は8月30日、31日で会場は秋葉原UDXカンファレンスホールとなる見込み。対象は、セキュリティに興味を持つ学生で定員は100名。応募者多数の場合は抽選となる。

申し込み開始は7月7日。募集要項の詳細については同イベントのページで公開される予定。

(Security NEXT - 2014/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

専門学生対象のセキュリティコンテスト - 課題はサイトの脆弱性調査
「SECCON CTF」、3年ぶりにリアル開催
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
ウェブソースに顧客のメールアドレス - 壽屋
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
イベント応募者の個人情報が閲覧可能に、フォーム設定ミスで - 佐賀県