Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSのウイルス対策エンジンにサービス拒否の脆弱性 - 48時間以内に修正予定

米Microsoftは、同社のマルウェア対策エンジンにサービス拒否の問題が存在するとして、48時間以内にアップデートを実施する予定だ。

同社のウイルス対策製品が搭載している「Microsoft Malware Protection Engine」にサービス拒否の脆弱性「CVE-2014-2779」が見つかったもの。同社に対し、非公開で報告された脆弱性で、悪用などは確認されていない。

同脆弱性の影響で、細工されたファイルをスキャンするとタイムアウトし、サービス拒否の状態に陥るおそれがある。攻撃を受けた場合、手動で問題のファイルを除去し、サービスを再起動するまで、同エンジンによるマルウェア対策が無効化されるという。

影響を受けるのは、「Windows」に標準で搭載されている「Windows Defender」をはじめ、「Forefront Endpoint Protection」「Microsoft Security Essentials」のほか、同社のマルウェア対策製品の多くが影響を受ける。

同社では、48時間以内にアップデートを実施する予定。定義ファイルと同様の方法で自動的にアップデートするため、特に利用者側の作業は必要ないが、組織などにおいて定義ファイルの更新をコントロールしている場合などは、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開