Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約550世帯分の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 仙台市

仙台市は、職員が業務で利用していた個人情報含むUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

6月6日にUSBメモリを使おうとしたところ、紛失していることへ気が付いたもの。6月3日に職員が業務でUSBメモリを使用しているが、席を離れる際にUSBメモリを所定の場所に保管しておらず、その後の所在がわからないという。

問題のUSBメモリには、約350世帯分の特別児童扶養手当受給者台帳および関係文書が保存されていた。受給者の氏名、住所、生年月日や対象児童の氏名、生年月日などの個人情報を含む。また約200世帯分の母子寡婦福祉資金滞納者リストも保存されており、借受人の氏名、住所、電話番号、生年月日、滞納額などが記載されていた。

同市では、関係者に対して文書による謝罪や電話による個別対応など進めている。

(Security NEXT - 2014/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
個情委、個人データ入り「USBメモリ」の管理で注意喚起
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」