Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCがウイルス感染、顧客や報道関係者の個人情報が流出か - 共同通信PRワイヤー

プレスリリースの配信サービスを提供している共同通信PRワイヤーは、営業用のパソコン1台がウイルスに感染し、内部に保存していた個人情報が流出した可能性のあることを明らかにした。

6月9日に外部からの指摘を受け、調査を行った結果判明したもの。感染したパソコンには、顧客や販売委託会社担当者、登録している報道関係者のメールアドレスなど個人情報が保存されており、外部に一部が流出した可能性があるという。

感染を確認したパソコンは1台のみで、社内ネットワークへの感染拡大は発生していないと説明。感染の原因や影響については、現在調査中としている。

同社では、顧客や関係者に不正なメールや添付ファイルが送られる可能性もあるとして、ファイルを開封したり記載のURLにアクセスしたりしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
コロナ感染の小学校児童情報を複数保護者に誤送信 - 松本市
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
業務メールを私用メアドに送信、入力ミスで第三者に - 延岡市
ワクチン接種センターの従業員が個人情報を漏洩 - 仙台市