Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンビニATM向け無線通信サービスを展開 - 日本通信子会社

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、米国市場で提供する現金自動支払機(ATM)向け無線ネットワークサービスを日本市場で提供開始する。

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、日本通信の子会社。米国の現地法人であるContour Networksが、米国内において、セキュリティに配慮した無線ネットワークサービスとして事業を展開してきたが、PCI-DSSの認定を取得したことを機に、日本市場におけるサービスの展開を開始するもの。

同社では、コンビニやショッピングセンターなど、店舗ATMの設置に力を入れるインターネット専業銀行などを中心に、ネットワークコストの抑制や設置台数の増強などができるとして、同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ヤマハ製無線LAN APに脆弱性 - コマンドが実行可能に
情報コンセント型ルータやビデオ監視システムの脆弱性が標的に - 米当局が注意喚起
FXC製の情報コンセント型無線LANルータに脆弱性 - 悪用の動きも
Apple、「macOS Sonoma 14」をリリース - 脆弱性61件を修正
アクセスポイント構築ソフト「RaspAP」に脆弱性
制御システムを攻撃者視点で自己評価できるツール - JPCERT/CC
「SECCON CTF」が3年ぶりにリアル開催 - 1点差の接戦も
サイト侵害、異常なアクセス数きっかけに発覚 - フルノシステムズ
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク