Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンビニATM向け無線通信サービスを展開 - 日本通信子会社

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、米国市場で提供する現金自動支払機(ATM)向け無線ネットワークサービスを日本市場で提供開始する。

コントゥアー・ネットワークス・ジャパンは、日本通信の子会社。米国の現地法人であるContour Networksが、米国内において、セキュリティに配慮した無線ネットワークサービスとして事業を展開してきたが、PCI-DSSの認定を取得したことを機に、日本市場におけるサービスの展開を開始するもの。

同社では、コンビニやショッピングセンターなど、店舗ATMの設置に力を入れるインターネット専業銀行などを中心に、ネットワークコストの抑制や設置台数の増強などができるとして、同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
メール誤送信でワークショップ参加者の個人情報が流出 - 千葉市
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
政府、大会関係者に北京五輪公式アプリ利用で注意喚起 - 期間中の攻撃にも警戒を
高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
無線LANのセキュ対策学べるオンライン講座 - 総務省
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を