Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドへ対応、インタフェースを一新した「LanScope Cat Ver.8.0」が提供開始

エムオーテックスは、「Microsoft Azure」に対応したIT資産管理ソリューション「LanScope Cat Ver.8.0」を5月28日より提供開始する。

最新版では、ユーザーインタフェースを大胆に一新し、シンプルな操作画面を導入。ユーザビリティを向上させた。またクラウド基盤や企業内ネットワークのDMZにサーバを設置し、インターネットに接続されている端末の監視、管理が可能となっている。

またVPNを利用しない環境でも、AES256ビットによる暗号化通信を通じてクライアントPCの資産情報や操作ログ情報の取得が可能。管理サーバから、NAT変換されたクライアントPCへのセキュリティパッチなどのファイルの配信を実現したほか、ホスト名を指定した通信にも対応している。

さらに、同社製品である「LanScope An」との連携により、スマートデバイス管理に対応。クライアント型ウェブフィルタリング機能を搭載している。

(Security NEXT - 2014/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション