Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でスマホアプリ「ミマモール」利用者のアドレス流出 - ユニリングス

スマートフォンアプリ開発やシステム開発などを展開するユニリングスは、メール送信ミスにより顧客のアドレス156件を流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、3月29日に子供のスマートフォン用セキュリティアプリ「ミマモール」のユーザーに対し送信した案内メール。17時4分に77件、17時12分に79件を一斉送信した際、操作ミスにより送信先の全アドレスが表示された状態となった。

同社では同日中に対象となる顧客へ連絡し、謝罪するとともに誤送信メールの削除を要請した。また、メール送信の作業手順を見直し、システムの改善を検討するなど再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2014/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
メルマガで送信ミス、メアド415件を宛先に - トヨタホーム岐阜
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
クラウド設定ミスで顧客情報が流出 - 楽天グループ3社
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園