Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WatchGuardのUTM搭載ファームウェアに脆弱性 - アップデートが公開

WatchGuardのUTMに搭載しているファームウェア「Fireware XTM」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。

影響を受けるのは、「Fireware XTM 11.8.1」で、以前のバージョンも含まれる。ファイアウォールの設定画面にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在し、任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

最新版では脆弱性を修正しており、同社やセキュリティ機関ではアップデートを行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正