Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内複数サイトが改ざん、狙いはIEのゼロデイ脆弱性

トレンドマイクロは、「Internet Explorer」に存在する未修正の脆弱性「CVE-2014-0322」を悪用したゼロデイ攻撃が、日本国内のサイトで確認されたとして注意を呼びかけている。

同社によれば、日本国内の本来悪意が存在しないいわゆる「正規サイト」が複数改ざんされ、IEに見つかった脆弱性「CVE-2014-0322」を悪用する攻撃が行われているという。

改ざんされたページへアクセスすると、マルウェアへ感染するおそれがある。脆弱性を修正する更新プログラムは、2月24日の時点で提供されていない。

同社では、22日に不正ファイルを確認し、その後の調査により脆弱性「CVE-2014-0322」を悪用するゼロデイ攻撃であることを確認した。被害の規模など詳細について調査を進めるている。

同社が24日の時点で確認している攻撃は、いずれも「htmlファイル」をはじめ、Flashの「swfファイル」、Javaのアーカイブファイルである「jarファイル」を組み合わせたもので、これらファイルが改ざんサイト内に設置されていた。脆弱性が存在する環境で改ざんサイトへアクセスすると、他サイトからマルウェアがダウンロードされ、実行されるおそれがある。

同社では、今後も同様の攻撃が継続して発生することが懸念されるとして、「Fix it」といった緩和策の実施や、脆弱性の影響を受けない「IE 11」へのアップデートを検討することなど、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃が発生、早急に対応を
SonicWallのリモートアクセス製品にゼロデイ脆弱性 - 高度な攻撃も
Apple、macOS向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性3件に対処
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了