Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、「FireEye OS」のメジャーアップデートを実施

ファイア・アイは、同社製品のオペレーションシステムである「FireEye OS」のメジャーアップデートを発表した。2月中に提供を開始する予定。

最新版となる「FireEye OS 7.1」では、「CMシリーズ」において管理機能における拡張性を強化。数百台単位のアプライアンスを集約して管理することが可能となった。「WebサービスAPI」を用意しており、アラートの通知やレスポンスの自動化に対応する。

また「NXシリーズ」では、IPv6をサポート。EXシリーズについても、メール経由の脅威分析を強化しており、添付ファイルにくわえ、メールヘッダや本文のURLも分析可能となった。

(Security NEXT - 2014/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI