Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、「FireEye OS」のメジャーアップデートを実施

ファイア・アイは、同社製品のオペレーションシステムである「FireEye OS」のメジャーアップデートを発表した。2月中に提供を開始する予定。

最新版となる「FireEye OS 7.1」では、「CMシリーズ」において管理機能における拡張性を強化。数百台単位のアプライアンスを集約して管理することが可能となった。「WebサービスAPI」を用意しており、アラートの通知やレスポンスの自動化に対応する。

また「NXシリーズ」では、IPv6をサポート。EXシリーズについても、メール経由の脅威分析を強化しており、添付ファイルにくわえ、メールヘッダや本文のURLも分析可能となった。

(Security NEXT - 2014/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ