Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IEに対するゼロデイ攻撃、未知の脆弱性を「複数」利用

「Internet Explorer」に存在する未修正の脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生している問題で、攻撃者が一連の攻撃において別のゼロデイ脆弱性も利用していたことがわかった。

「IE 10」や「同9」の脆弱性「CVE-2014-0322」は、「CMarkupコンポーネント」に存在。細工した「Flashファイル」を用いる標的型攻撃が発生しており、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。脆弱性を解消する修正プログラムは提供されていない。

今回明らかになったのは、このゼロデイ攻撃において、これとは別に「Microsoft XML DOM ActiveXコントロール」の未修正の脆弱性が悪用されていることが判明したもの。

細工されたHTMLを開くと「XML DOM ActiveXコントロール」のエラーコードにより、ドライブレター、ディレクトリ名、ファイル名、ネットワークアドレスなど端末の情報が漏洩するもので、攻撃者が端末の利用環境を把握するために利用できるという。

同脆弱性については、現状CVE番号は割り当てられておらず、緩和策などもわかっていない。セキュリティ機関では、IEの脆弱性とあわせて注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃が発生、早急に対応を
SonicWallのリモートアクセス製品にゼロデイ脆弱性 - 高度な攻撃も
Apple、macOS向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性3件に対処
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了