Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 10」を標的としたゼロデイ攻撃が発生 - ウェブ経由でバックドアに感染

「Internet Explorer」に存在する脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生している。複数のセキュリティベンダーが攻撃を確認した。2月14日の時点でセキュリティ更新プログラムは提供されていない。

米FireEyeによれば、米国内のウェブサイト上で、未修正の脆弱性を悪用したドライブバイダウンロード攻撃を確認したもの。いわゆる「水飲み場攻撃」で「IE 10」のユーザーを標的としており、リモートサーバからXORエンコードのプログラムがダウンロードされ、デコード後に実行される状態だったという。

また米Symantecによれば、今回の攻撃のターゲットは、32ビット版の「Windows 7」および「IE 10」で、攻撃には悪質なSWFファイルを用いていた。

「iframeタグ」により「Flashファイル」を読み込み、さらに外部サイトからPNGファイルをダウンロードするしくみで、PNGファイルに2種類の不正ファイルが暗号化された上で添付されていた。

これらファイルを用いてバックドア型のトロイの木馬を実行するしくみで、マルウェアへ感染すると端末を遠隔操作されるおそれがあるという。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース