Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE 10」を標的としたゼロデイ攻撃が発生 - ウェブ経由でバックドアに感染

「Internet Explorer」に存在する脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が発生している。複数のセキュリティベンダーが攻撃を確認した。2月14日の時点でセキュリティ更新プログラムは提供されていない。

米FireEyeによれば、米国内のウェブサイト上で、未修正の脆弱性を悪用したドライブバイダウンロード攻撃を確認したもの。いわゆる「水飲み場攻撃」で「IE 10」のユーザーを標的としており、リモートサーバからXORエンコードのプログラムがダウンロードされ、デコード後に実行される状態だったという。

また米Symantecによれば、今回の攻撃のターゲットは、32ビット版の「Windows 7」および「IE 10」で、攻撃には悪質なSWFファイルを用いていた。

「iframeタグ」により「Flashファイル」を読み込み、さらに外部サイトからPNGファイルをダウンロードするしくみで、PNGファイルに2種類の不正ファイルが暗号化された上で添付されていた。

これらファイルを用いてバックドア型のトロイの木馬を実行するしくみで、マルウェアへ感染すると端末を遠隔操作されるおそれがあるという。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
VPN認証情報漏洩に見る脆弱性対策を浸透させる難しさ
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も