Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、脆弱性検知ツール「Nessus」を提供 - 脆弱性の検出やパッチの検査に対応

東陽テクニカは、米Tenable Network Securityが開発する脆弱性検知ツール「Nessus」の提供を開始した。

同製品は、コンピュータやネットワークの脆弱性検知ツール。6万を超えるチェック項目に対応しており、脆弱性を検出してレポートを参照できる。

ウェブアプリケーションやデータベースの診断、パッチの検査、組織のコンプライアンスの準拠状況やコンフィギュレーションの監査が可能。ボットネットや不正要素の検出なども行える。

また新製品となる「SecurityCenter」では、大規模なネットワークを持つ組織向けにNessusの統合管理プラットフォームを提供。複数のNessusスキャナを運用したり、ロードバランサとして活用できるほか、スキャン実行プロセスの自動化、データの統合、脆弱性トレンドの検出、分析レポートのカスタマイズが行える。

今後東陽テクニカでは、Tenable Network Securityの国内総販売代理店として製品を展開。販売やマーケティング活動、サポート対応など国内における事業展開を一括して提供する。またTenable Network Securityでは、日本法人を設立し、サービス支援を強化するほか、認定トレーニングセンターの開設なども計画している。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security