Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Jリーグチケット」で他会員情報を誤表示する不具合

チケット販売サイト「Jリーグチケット」において、関係ない別の会員情報が表示される不具合が発生していたことがわかった。

同サイトを日本プロサッカーリーグと共同で運営し、システムや個人情報の管理を行っているぴあによれば、同サイトのパスワード管理機能に不具合があり、他利用者の個人情報を閲覧できる状態だったという。

具体的には、同サイトのパスワードを確認したり、再設定する機能に問題があり、実在する他会員のIDを同機能に入力すると、その会員の登録情報へアクセスできるURLがメールで通知される不具合が存在したという。

同URLより「氏名」「住所」「生年月日」「性別」「メールアドレス」など登録情報を確認することが可能で、さらに書き換えることも可能だった。クレジットカード情報などは含まれない。

1月15日に登録情報を書き換えられた会員からログインできなくなったとして問い合わせがあり、その後の調査でシステムの不具合が発覚。同社では同月22日に不具合を修正した。

不具合は2013年2月20日から発生しており、約11カ月間に本来閲覧できない登録情報が閲覧された可能性があるのは5件。また1件については、登録情報が書き換えられた可能性がある。チケットの不正購入などは確認されていない。

同社では、さらなる調査を進めるとともに、対象となる会員に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2014/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性