Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「@nifty」で不正ログインが発生、会員情報を閲覧

ニフティは、「@nifty」の会員情報ページに対し、会員以外の第三者が本人になりすましてログインする不正アクセスを受けたことを明らかにした。

今回の不正ログインは、1月16日1時57分から6時37分にかけて発生。165件のアカウントで「お客様情報一覧」ページに記載されている会員情報が閲覧された可能性がある。

同社が攻撃を把握したのは1月22日10時で、特定のIPアドレスを発信元としており、同社ではアクセスを遮断した。不正ログインに利用されたIDとパスワードについては、同社経由の流出を否定している。

契約コースにより異なるが、氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、秘密の質問、メールアドレス、利用状況、クレジットカード情報の一部などを閲覧された可能性がある。情報の改ざんや有料サービスの不正利用などは確認されていない。

同社では、対象のIDか確認できるページを用意。また攻撃を受けたユーザーに対し、個別に連絡し、パスワードの再設定を案内するとしている。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
メールアカウントに不正ログイン、外部宛に不審メール - 拓殖大
「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件