Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

白衣のクリーニングで患者情報入りUSBメモリを紛失 - 岐阜大病院

岐阜大学医学部付属病院の医師が、患者情報を保存したUSBメモリを白衣のポケットに入れたまま院内でクリーニングに出し、紛失していたことがわかった。

所在不明となっているのは、女性ホルモン剤と血栓症に関する症例調査の結果を保存したUSBメモリ。同医師が2013年10月24日に結果を保存したが、白衣のポケットに入れたまま院内のクリーニングに出し、紛失したという。

12月19日に二次調査の依頼を受けたことをきっかけに、前回調査で取得した患者情報をUSBメモリより削除していないことを同医師が思い出し、USBメモリをなくしていることに気が付いた。

保存されていた患者情報は、2004年6月から2013年10月の間に調査対象となった患者256人の氏名、生年月日、性別、調査対象となった病名などが記録されている。同院では対象となる患者に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2014/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院