Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検診受診者の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 国立がん研究センター

国立がん研究センターは、検診受診者の個人情報を保存したUSBメモリを紛失したと発表した。

がん予防・検診研究センターにおける2004年2月から2009年1月までの検診受診者の個人情報が保存されたUSBメモリが、同センター検診部で所在不明となっていることが12月19日に判明したもの。

問題のUSBメモリには、氏名や性別、健診時の年齢、受診IDのほか、がんの有無といった検診判定結果が含まれる。がんと診断された受診者については、病理診断、がんの大きさ、病期、紹介先医療機関名なども保存されていた。

第三者による不正使用は確認されておらず、同センターの敷地内で紛失した可能性が高いと説明。関連する受診者に対して書面で経緯を報告し、謝罪している。

(Security NEXT - 2013/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道