Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や学会関係者の個人情報含むPCがベトナムで盗難 - 広島大

広島大学大学院工学研究院の教員が出張先のベトナムで盗難に遭い、個人情報を保存していたノートパソコンを持ち去られる被害が発生した。

同大によれば、現地時間12月5日19時半ごろ、同教員が夕食の際に椅子の上へ鞄を置いていたところ、被害に遭ったという。鞄にはノートPCが入っており、翌6日16時ごろに教員から同大学へ連絡があった。

被害に遭ったパソコンには、同教員の講義を受講した学生170人の氏名や学生番号、成績などのほか、所属する学会の委員会名簿47人分、指導学生18人の氏名や研究内容、奨学金に推薦するための選考資料4人分などが保存されていた。受講生170人の成績ファイルのみパスワードを設定していたという。

現地警察へ盗難届を提出したが、盗難物は見つかっていない。同大学では、対象となる学生や関係者に文書で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
PCや受験関係書類が研究室から盗難 - 東京藝大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社