Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むノートPCが所在不明に - 筑波大付属病院

筑波大学付属病院は、患者の診療情報が保存されているノートパソコンが院内で所在不明となっていると発表した。

紛失したのは、内視鏡治療を受けた約400人分の個人情報が保存されているパソコン。氏名や年齢、患者ID番号、症状、治療内容などが含まれる。

同院では対象となる患者へ文書で謝罪。また所管する官庁へ事態を報告した。紛失した個人情報が不正利用されたといった報告は受けていないという。

個人情報の暗号化や院外への持ち出し禁止などガイドラインやマニュアルで定めてきたが、守られていなかったという。同院では職員に対して、再度教育や指導を徹底したいとしている。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケート回答を第三者にメールで誤送信 - 北里研究所病院
電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
患者に開示した文書に第三者の個人情報 - 姫路赤十字病院
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター
偽警告で端末乗っ取り被害、被験者情報流出か - 国立がんセンター
患者情報を保存したカメラを紛失 - 昭和大学歯科病院
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院