Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

著名セキュリティ企業を装って偽パッチを送り付ける手口に注意

セキュリティ企業を装ってメールを送り付け、システムの更新プログラムなどと説明してマルウェアに感染させようとする攻撃が、複数のセキュリティベンダーで確認されている。

問題の偽メールは英文で記載されており、Microsoftやセキュリティベンダーが送信したかのように偽装。インターネット上に脅威へ対応するため、添付ファイルを実行してシステムを更新する必要があるなどとユーザーの不安を煽る内容だった。

送信元として名前が悪用されている企業は、Microsoftをはじめ、Symantec、McAfee、Trend Micro、Kaspersky、ESET、Avast!、AVG、Aviraなど多岐にわたり、日本国内でも馴染みのある企業名が並ぶ。

問題のメールでは、添付ファイルが、セキュリティ更新プログラム「KB923029」であるかのように説明をしているが、そのようなプログラムは実在せず、もし存在したとしても、セキュリティベンダーなどがメールで提供することはありえない。

メールに騙されて、ユーザーが誤ってファイルを実行してしまうと、悪質なファイルがダウンロードされ、Zeusなどに感染するおそれがある。セキュリティベンダーでは、予期せず受け取った添付ファイルを安易に開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
料金確定通知を装った「@nifty」のフィッシングに注意
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
県民プール利用者情報が流出、マルウェア感染で - 和歌山県
「Uber Eats」の注文受付メールを装うフィッシングに注意
「Switch」が大幅割引とだます任天堂の偽サイトに注意
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」