Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

QRコードで別人の個人情報が誤表示されるミスが発生 - ザ・パーフェクト セレクション

デザイナーズブランドセール「ザ・パーフェクト セレクション」の会員データベースにおいて、個人情報が流出した可能性があることがわかった。

テーオーシーによれば、メール会員登録手続きにおいて利用したQRコードの一部に関して、本来表示する個人情報ではなく、関係ない別人の個人情報を表示したことが10月1日に発覚。すべてのQRコードを確認したところ、75人分のQRコードで別人の氏名と住所が表示されたことがわかったという。

会員データベースの一部運営を委託している業者における人為的ミスが原因で、誤表示のあったQRコードについては同日中にすべて修正を実施。システムを一時中断して、あらためて全QRコードの表示照会作業を行い、正しく表示されることを確認したうえでシステムを再開した。

同社では、対象となる会員に対し、10月31日に事情の説明や謝罪を行う文書を送付する。文書を受け取らない顧客については影響ないとしている。

(Security NEXT - 2013/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE