Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が患者情報保存した私物USBメモリを紛失 - 愛媛医療センター

国立病院機構の愛媛医療センターにおいて患者の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

同センターの看護職員が、臨床指導業務に関するデータを保存していた私物のUSBメモリを紛失したもの。新築の病棟を移転する準備のため、6月19日に自宅に持ち帰ろうとした際、紛失していることに気が付いたという。

USBメモリには、14人分の「弾性ストッキングコンダクター臨床指導内容書」が保存されており、氏名や性別、年齢のほか、指導日、診断名、症状などが含まれる。

紛失した個人情報が不正に利用されたといった被害の報告はないという。同院では関連する患者に対し、主治医を通じて事情を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2013/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市