Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボランティア関係者の個人情報をサイトに誤掲載 - 北九州市

北九州市は、ボランティア情報提供サイト「キラキラネット」において、本来非公開とするべき個人情報を誤って掲載していたことを明らかにした。

問題となった同サイトは、市民生活サポートセンターが運営しているボランティア情報提供サイト。同サイトに登録するNPO法人とボランティア団体のうち、6団体において非公開とすべき一部情報が、9月12日12時から10月20日16時まで閲覧可能な状態となった。

10月19日深夜に関連するボランティア団体の代表者から自分の住所が公開されているとの連絡があり問題が判明した。同センターでは、サイトの登録団体検索機能を一時的に停止。すべての団体の登録情報を確認したところ、ほかにも5団体の非公開情報が閲覧できる状態になっていることがわかった。

閲覧可能になっていた情報は団体によって異なるが、電話番号や住所、ファックス番号、メールアドレスで、サイトリニューアル時にデータ照合を行った際、職員が誤って公開したという。同センターでは、対象となる団体代表者に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2013/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
LINEギフトの誕生日公開、ヘルプ記載と異なる仕様
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
個人情報含む議事録をサイトで誤公開 - ファンコミュニティ運営会社
サポート担当の業務委託先が侵害被害 - Okta
ランサムでシステム障害、情報流出の可能性も - 事務用品販売会社
ランサム感染で顧客情報の流出を確認 - ソフトウェア開発会社
個情委、破産者情報サイトの運営者に命令 - 違反すれば刑事告発も
ウェブソースに顧客のメールアドレス - 壽屋
図書館でメール誤送信、講座受講者のメアド流出 - 新潟青陵大